アニメとか好きだから

絵についての話を中心につぶやいてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵を描くことを考える

この前ドラッカーの本を読んで、真摯さという言葉をみかけました。
マネジメントに必要な素質だそうです。
絵についても真摯さって大切だなぁと思ったわけです。
自分のイメージでは手間を惜しまないことだったり、人を楽しませたいという気持ちだったりですかね。
そのためにはどんな方法で絵を描いていけばいいか考えなくてはなりません。
手間をかけるにしても時間は有限であり出来る限り方法論を確立して
効率化をしていかなければならないと思います。

そこで方法論がイメージしやすそうなもので例えて考えてみようと思います。

最近3月のライオン(4)読んだので将棋で例えてみます。
将棋はまず自分の手番で居飛車か振り飛車かを決めて囲いをめざしたりします。
そして相手の手をみながら最善手を指していきます。
絵描きにとっては描くものに合わせた画材選びから始まると思います。
油絵だったり水彩だったり、鉛筆画だったりを選びますね。
そして相手の手が描く対象物でしょうか。
描く対象のイメージは手が進むごとにはっきりとしていきます。
それに合わせて更に筆を動かし、最善の線を選びながら完成をめざします。
また、詰めを誤って失敗してしまうこともあります。


プログラミングでも例えられそうです。
実装させたいもの、目的があってそこに向かっていくために宣言などの手順を踏まえて完成させていきます。
背景レイヤーをつくったり下塗りレイヤーをつくったりも手順を踏んで行っていることだと思います。
逆にプログラムも絵と同じで工夫する余地はたくさんあり、ある関数を使うか自分で作るか選んだり、
仕様を変更するって工夫(?)もできます。
プログラムにしても絵にしても書いたことのないものは難しいと思います。
模写やソースコードを見たりすることで学んだりするかと思います。


絵を描くことは案外システマチックなのかもしれません。
本当に絵が描ける方たちは
将棋で言うと戦法や手筋、プログラミングで言えばアルゴリズムや言語の知識のようなものがしっかりとあって
その理路整然とした中で進めていくのではと思います。
ゆえに、
絵を描く技術は真摯さをもって物事を学んでいけば身につけられるはず!
まずは真摯に生きようと思います。




スポンサーサイト

失敗から学ぶこと

2週間ぶりになります。
帰省したり、就活したり、PCがおかしくなったりでテンパっておりました…。

今日は外出せず家で予定を立てたり本を読んだりなどしていました。
基本的にそういう生活が気に入っているのでよいのですが、
もっと能動的なこともしたいなと思っいたりします。

そこで今日考えていたのは
「失敗から学ぶこと」
です。

失敗せずに済むことならばできればしたくない、
自分は最近までそう思っていました。
そのため自分は大きな失敗をしないようにいつも
心配しながらことに当たっていました。
実際そのような失敗はあまり経験していないと思います。
しかし、
心配性が過ぎて積極性まで奪われることもしばしばです。
そして自分のいけない所は
失敗をそのままにしてあまり活用してこなかったこと
でしょう。
その結果そこから学ぶこともすくなく、成長の糧を得てこなかった、
そう感じます。もったいないことをしました。

つまり予習復習でいう「復習」が足りなかった。
(予習は本を読むのである程度はやっているかな…と)

ではこれからどうするのか?

まずは失敗への恐れを減らすことでしょうか。
やらない後悔よりやって後悔したほうがいいのでは?ということで。
そしてあとは失敗したときに今後に生かせる対策を考える、習慣をつくることでしょうか。
習慣化しないといけないと思いますね。

以上考察というか反省を終了

絵を描く人の弁明

絵を描くとき、自分の弱点を考えてみます。
どんなものを描くのが苦手かという話ですが
僕の場合、服装、手、風景、機械などが上げられます。

意識できる範囲でこれだけあるわけですね。

苦手であっても描けるという人はいると思いますが、
基本的に苦手であるものは描けない、描こうとしないはずです。
僕は絵を描くこと自体は好きですので
描こうとします。

が、本格的に絵を描こうとすると(人に見られること前提のもの)
途中で手が止まってしまいます。
服が描けない(苦笑)思い浮かばないのです。
背景が描けない。手をどうしよう。無機物はできるだけ描かないようにしよう(汗)
などなど、書いていてかなり致命的に思えてきました(涙)

何故描けないか、といえば
・普段描いてないから
・それに対して興味が薄いから
・資料を見てないから描けない
・記憶がおぼろげでそれを頼りに描けない

という理由があったりします。
僕は人物を描くときは(主に顔と体格)資料をみたり記憶を頼りに描けます。
ある程度似せることもできます。
しかし、以上の理由から絵を完成させられないことがよくあります。

更に更に、
僕は正直絵を描くものとしてもっとも必要なものが
足りないと思っています。

それは、想像力です。
これは赤毛のアンくらい欲しいです。

そして集中力、行動力でしょうか。足りてません。
これは頑張って養っていきたいものです。
なんらかの練習法がわかれば・・・。

これらのことから更新頻度が少ないことが自ずとわかってしまうわけですが。
そこの改善点を考えていきたいと思います。
・資料をみろ、と
・興味を示せ、と
・とりあえず描け、と

これだと思います。

持っていて使わない資料はブックオ○に・・ではなく使おうということです。
僕持ってました、資料。
「コスチューム描き方図鑑」シリーズ(グラフィック社)。
ちゃんと読んで研究して、練習して描きます。

あとはおいおい資料をまた増やしていきます。
とりあえず描きたい服を描けるようになることが先決と判断しました。

そして本気でトップ絵を更新したいです。
・・あとは恥を忍んで絵を晒す勇気が必要ですかね。



他に良さそうな解決がありましたら教えてください。
是非やってみます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。