FC2ブログ

アニメとか好きだから

絵についての話を中心につぶやいてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

透視図法?遠近法?

アイレベル、つまりカメラの目線。
これがもしなかったらどこが煽りでどこが俯瞰なのかわからない。
アイレベルはすごく大切な概念である。
それを認識するようなりました。

アイレベルより上を煽りに描き、アイレベルよりも下を俯瞰に描くということ。


これを理解できれば違和感がないものが描ける……はず。


どうしてそんな話をし出したかと言いますと、
複数のキャラが画面にいるのを描くのが苦手でどうすればいいかなと、
持っていた本をサルベージして調べていたからです。
最近買った本で自分がためになったと思うものを紹介したいと思います。


まずはこれです。

少々お高いかもしれませんが図がたくさん描かれていて分かりやすいです。
絵がアニメ調で適度なページ配分なところがポイントだと思います。
ベテランのアニメーターさんの解説なので内容がしっかりしています。
動かすための描き方が載っているので勉強になります。

あと背景から遠近法を学ぶ場合


タイトルが初めて学ぶ遠近法なのですごく丁寧に書かれています。
一点透視と二点透視の使われ方についての話なども初学者にはありがたいと思いました。

そして
視界から考えるパースという話がすごく分り易くてよかったこの本、

アマゾンで人気があるのも納得です。

あとは好みですが下の本もアリだと思います。


自分が持ってる中で使えそうなものはこんな感じでしょうか。
せっかく買ったんだからちゃんと使いこなさないと……。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://utakatanagiblog.blog46.fc2.com/tb.php/32-6abc7f75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。